ビジネスカードローンの保証人について

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、特に保証人を必要としません。というのも、保証人の代わりに保証会社というのがあり、その会社が保証人代わりをしてくれるからです。

一方、法人が事業融資を受けるためには、保証人が必要となります。今の時代、なかなか保証人のなり手もいませんので、事業融資を受けるのも結構大変なものです。

ところが、ビジネスカードローンを利用すれば、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングと同じように、保証人が要らないのです。とは言っても、正確に言うと保証人は必要なわけで、ここでいうのは「第三者による保証人」を必要としないということです。

個人の住宅ローンなどもそうですが、通常のローンは第三者による保証人を必要としています。しかしビジネスローンの場合、保証人は第三者ではなく会社の役員であるケースが多いです。会社の重役クラス全員を連帯保証人に設定したりすることによって、ビジネスカードローンを利用するわけです。第三者に頼むことがないという点では、非常にメリットが大きいものです。

一方個人事業主の場合には法人格ではありませんので、特に連帯保証人などを必要とすることはありません。